2016年06月06日

ブログ 引越しました

いつもくらしいきいき ショップフコイダンのブログをご覧いただき
ありがとうございます。


ショップフコイダン 店長の掛江一也です。この度、新しいブログに引越しました。


くらしいきいき スタッフブログ→フコイダン専門店スタッフブログ


フコイダンのこと、お店のこと、健康のことを日々更新していきます。


どうぞ宜しくお願いいたします。

【お店のお知らせの最新記事】
posted by くらしいきいきスタッフ at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | お店のお知らせ

2016年04月13日

 

 
posted by くらしいきいきスタッフ at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新の健康情報

2016年04月10日

活性酸素と免疫力


こんにちは!
ショップフコイダン店長の掛江一也です。

さて、今日も活性酸素について、お話ししましょうね!
昨日は、余った活性酸素が、体に悪さをすることを、
お話ししました。

そこで今日は、活性酸素と免疫力についてお話ししますね。

1954年に、アメリカのD・ハーマン博士によって発表された論文によると、
活性酸素は、生活習慣病や慢性疾患のほとんどに影響を及ぼしているとのこと。

私たちの呼吸によって取り入れられるこの酸素は、
細胞内のミトコンドリアという小器官でエネルギーに変換されます。

この時の酸素の2〜4%が活性の強い有害な酸素に変わって、
細胞を傷つけ、老化を促進し、ガンや生活習慣病、シミやシワの
原因となることが分かってきたんです。

この活性酸素は、さらに血液をどろどろにして、
腸内細菌の善玉菌を抑え悪玉菌を増やす働きが強く、
その結果、腸の免疫力を低下させることもわかってきました。


0332df600d11eb9b7448f10c7ca4b41c_s.jpg


そこで、活性酸素から体を守るには、いくつかの方法があります。

まず、一つ目は、スーパーオキシドディスムターゼ(SOD)などの
酵素の働きによって、細胞は活性酸素の攻撃から守られます。

次に、野菜や果物などに含まれているビタミンCやビタミンE、
ファイトケミカルといった抗酸化物質によって守られます。

さらには、近年は水素水などに含まれる水素分子(H2)が
酸化力が非常に強いヒドロキシルラジカルだけを
選択的に除去することも判明しています。

このように、酵素やビタミン類、ファイトケミカル、水素などを
意識して、体に取り入れると、活性酸素の害を防ぐことができます。
やはり食事が大事ですね!
posted by くらしいきいきスタッフ at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新の健康情報

2016年04月08日

活性酸素とは?


こんにちは!
ショップフコイダン店長の掛江一也です。

今日は活性酸素について、お話ししたいと思っています。

活性酸素って、聞いたことがありますか?
健康に気を使っている方なら、一度や二度はあると思います。


69617487d3625f89617d7247006dd649_s.jpg

人間の体は、酸素を取り込むことで、体全ての細胞が生きています。
ところがこの酸素、生まれてから死ぬまで、
切っても切れない関係にもかかわらず、そのうちの2%の酸素だけは
活性酸素となって生まれ変わります。

この活性酸素、活発な酸素と言うくらいだから、
その酸化力はとっても強いのです!

この酸化力、身体にとっては殺菌力として必要不可欠で
体内に入ってきたウィルスや細菌類をやっつけてくれるのですが、
ところがこれ、体をサビさせる働きもあるのです。

ということは、活性酸素が体内に適量にある時は、
細胞を守ってくれるのですが、
活性酸素が余り気味で、必要以上にある時は
逆に体をサビさせ、細胞を老化させます。

それは、体内のあらゆる組織が衰えていくことを示し
お肌のトラブルや生活習慣病そしてがんの発症につながっていくのです。

では活性酸素が増える原因には、どんなものがあるのでしょうか?
そう、実は毎日の生活の中にその原因があったのです!
それは・・・・・

1 食生活の乱れ
2 喫煙
3 激しい運動をする
4 強いストレスを感じる
5 紫外線を浴びる

これら5つとも、ちょっと気をつければ、防げるものばかり!
少しでも長生きをしたいなら、上の5か条を守って生活するスタイルに
明日からでも間に合います。
切り替えていきましょうね!!

でも、生活習慣を変えるというのは、簡単ではありません。
それなら、毎日口にする食事を気をつければ
かなり改善されていきます。

その参考になればと
弊社の管理栄養士が、健康レシピブログを
ご紹介しますね!こちらです。
http://kurashiikiiki-recipe.sblo.jp








posted by くらしいきいきスタッフ at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新の健康情報

2016年04月05日

がんと睡眠


こんにちは!
ショップフコイダン店長の掛江一也です。

今日も引き続き、睡眠に関するお話をしますね。


7968c2169e4b9a5ff5b317f959f90857_s.jpg

がんと睡眠についてですが、
毎日十分な睡眠をとることは、健康を保つ上では欠かせません。
しかし、情報化社会である今は、そのストレスによる
睡眠障害や不眠が深刻な問題となっています。

睡眠が十分でないと、体から疲労物質がなかなか排出されずに、
免疫力も低下するため、
ウィルス感染や病気になりやすくなってしまいます。
免疫力等が下がるということは、がんができやすくなるのです。

私たちの体の代謝は、
午後8時から午前4時までの間が活発になります。
よって、この時間帯に眠ることで新陳代謝もスムースに行われます。

こうした代謝によって、細菌やウィルス、そして、
ガンなどの異物を排除する免疫力も高められます。
そのため、睡眠によって代謝を促すことは、
ガン予防の観点からも、大変重要になってくるのです。。

夜更かしや昼と夜が逆転したような不規則な生活を長く送っていると、
代謝も十分に行われず、免疫力を担うリンパ球なども十分でなくなります。

睡眠と免疫力の関係は、自律神経の働きでわかります。
夜眠ると、自律神経のうちの副交感神経が優位に働いて、
リンパ球が大量に作られます。

眠らずにいると、自律神経のうちの交換神経が優位になって、
リンパ球の働きが衰えてしまい、
ガンを招きやすくなってしまうのです。

文部科学省などの共同調査でも、
昼夜逆転の生活を送っている男性は、そうでない人よりも、
前立腺癌を発症する危険度が3倍も高くなっているといいます。

また、アメリカのガン研究センターの調査では、
深夜1〜2時まで起きている夜更かしの女性は、
その時間に眠っている女性に比べて、
乳がんにかかる危険度は明らかに高いのです。

ガンを予防するためにも、
ガンの芽が生まれる午前0時前には就寝して、
少なくとも7時間は睡眠をとる習慣を
心がけることをお勧めします。
posted by くらしいきいきスタッフ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新の健康情報